脱・自転車操業なるか!?広島大学折紙サークルの活動報告と折紙日記、及び雑記(現在メンバー7.5人)。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

2014.11大学祭報告4&折り紙サークル活動報告 課題篇

大学祭の翌週に行われた折りサーの集会でメンバーの感想と自分の個人的反省のまとめ。半分自分のメモ用。

1展示作品のサイズ
自分の作品を並べて見て気になったのが作品が小さいことだ。

仮Pさんの作品は作品としての完成度のみならず比較的大きいことから、ぱっと見たときのインパクトが大きい。

自分は受付付近にいることが多く、外の会話もよく聞こえたが、出入口の前を通った人が出入口真正面に飾ってある仮P人物作品群に気づき、展示会場に入ってきてくれた人もいたようだ。

展示用作品はなるべく大きく作るべきだった。



2 小さな作品は…
報告1に書いたとおり、作品の下に折り紙を、テーマ展示の下に大きな色紙を置いた。

これに関しては成功だったと思う。机に直接置くよりも明らかに見栄えが異なる。1つだけだとそう変わらない気もするが、いくつも並べると印象が異なることに気づく。作品のイメージもしやすくなり(オカピの下に緑、フクロウの下に青など)プラスだ。

CAM00510.jpg
↑今回
CAM00273.jpg
↑前回(作品名の札がないのは前日準備の段階で写真を撮ったためです。)




3特別展示
今回は特別展示としてオセアニアテーマ展をしたのだが、作品が小さくて作品にまとまりが無かった。
次回もやるんなら作品の大きさと背景に気を付けたい。
あと、アンケートで意見のあった「巨大作品」。作品の保管や搬送に困るのでやるなら骨格系かユニットになるかな。




4カウンターとか
これはサークルメンバーから出た意見。何をやっているかよくわからないので入口にカウンターと作品を置いたほうがいい。
これは他サークルがやっている手法で部屋に入っていくお客さんにアンケートを渡しやすかったり来場者数をカウントしやすいというメリットもある。ただ部屋に見張りが必要なので最低2人は常駐する必要がある。




5折紙体験は…
こちらもアンケートで出た意見。部屋にいた時も「折れないんですか?」とよく質問された。
部屋が狭くスペースの問題が…ということでうちではやっていなかったのだが、阪大ように折りたい人に声をかけてもらって、個別に対応すれば可能だと思われる。もう少し部屋が広ければ部屋の角に折紙と本を置いて自由に折ってもらうことも可能だ。




6折紙と数理
折紙と科学に関する新聞記事を置いておいたのだが、見てくれた人もいるようだ。




7創作方法?
アンケートで「創作したい」という意見が一定数あったほか、「どうやって創作するんですか」と質問を多数受けた。

正直人によって創作方法違うし…と思うところもあるのだが、創作に興味がある人がいるという以上、ある程度の方針的なものはまとめるべきなのだろう。

あと例の創作ゲームについても少し考えてみたい。



8折紙である必要性?
こんな質問を受けた。
「折り紙を折ったり創作をする人って『これは紙でできているんだぞ』と驚きを与える、といった目標があるのですか」。

これって作品を見る人が誰かによって答えが変わってくると思う。折紙やっている人にとってはそれが紙であること前提で作品を見るわけだから、作品のデザイン性とかアイデアとか構造とかそういったところを見る(超リアルな作品になるとその限りではないのかもしれないけど)。
でも折紙をよく知らない人は「これが折り紙?」とまず折紙であることにびっくりする。

折り紙を知っている人間からすると「紙でできているんだぞ」は「紙である必要性は何か」という問題とも取れるのではないか。この答って何なんだろう。折紙らしい造形や表現方法?だとしたら単にリアルな作品は否定されちゃうし…。この問題に関してはあまり深く突っ込まないほうがよさそうだ。

完全な個人的意見としては「極度に制約された条件から形を作る」っていうのが折紙の楽しいところで折紙らしさだと思う。ユニットや複合折りに関しても同じ。枚数増えても条件厳しいのは同じ。



ってことで自分の意見適当に垂れ流して学祭報告については終わりにしたいと思う。
スポンサーサイト
折り紙イベント | コメント(0) | 2014/11/09(Sun) 17:03:13
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

hifmi

Author:hifmi
広島県在住
神奈川県出身

年齢:21
性別:男性

折紙と鳥人間(電装・翼)と物理学やってる大学生。

twitter

カテゴリ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。