脱・自転車操業なるか!?広島大学折紙サークルの活動報告と折紙日記、及び雑記(現在メンバー7.5人)。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

気胸 入院前日~入院当日

先日、自然気胸で緊急入院しました。3回ぐらいに分けて書いてみます
《入院前日》
午前中は携帯の機種変更のために家電量販店へ。思ったより時間がかかり、14:00すぎに機種変更が完了。

その後新幹線の切符を取りに駅へ。ツアーパックを利用してなんとか安くならないか聞いてみたが、大学最寄りの駅周辺
のホテルを使えるパックがなかったので切符を取らず帰ることに。椅子から立ち上がった瞬間、

「「うっっっ!」」

筋を伸ばしたのだろうか、背中に強い痛みが走る。

でも普通に歩けたのでその日は買い物をして帰宅。
この日は胸の痛みが出なかった。

《入院当日》
朝、起きてみると「やっぱり痛い」「しかも左胸が痛い」
とりあえず近くの総合病院へ。
受付の人に病状を説明すると整形外科を受けるように言われる。整理番号をとり、診察を待つことに。1時間後、名前が呼ばれ整形へ。

医者「レントゲンとってみますかねー」

ということでレントゲンを撮る。

医者「気胸ですね。外科に回ってください」

びっくりしたというよりは「やっぱりねー」という感じだった。実は半年前に知人が気胸になって以来、気胸体型の自分は気をつけていたのだが、ついになってしまったのだ。

お昼ににかかったので待合室には私一人。

暫くすると外科診察室から名前が呼ばれる



外科医「自然気胸ですね。入院してください」


「「「え、入院!?」」」

肺から漏れた空気を抜かないといけないらしく、そのために入院が必要だということ。気胸って即入院なのか、知らんかった。
ということで緊急入院決定ー。

まずは一般病棟の処置室へ行き、血液検査と尿検査。

それが終わると看護師さんに連れられ、病室へ。
ドキドキしながら病室で待っていると、老医が登場。

老医「これからこのチューブを胸に付けますね」

「「はっ????」」


わけのわからないまま処置開始。普通の病室で処置を行うらしい。

まずは麻酔。局所麻酔の注射を胸にプスプス刺される。1発ではなく何箇所か刺された上に針をグリグリ回す(ように感じる)ので痛い痛い。

その後メスで胸を切られ、謎のチューブをくっつけられる。チューブをグイグイ押しこんでくるので、背中に痛みと強い違和感が残る。

糸で縫合して、チューブをハコ(胸腔ドレーン)に連結し処置終了。

入院するのも麻酔を胸に打たれるのもメスを見るのも初めてなのでずっと硬直状態であった。

チューブがしっかり差し込まれているか確認するためにレントゲンを撮ってこの日は終了。

あまりに急なため、自分でも何が何だか分からない状態。気胸の詳しい説明は後日に回されることとなった。

スポンサーサイト
雑記 | コメント(1) | 2014/03/26(Wed) 21:21:00

コメント


大丈夫ですか?!驚いております。
手術内容が分かる局所麻酔はいやですわ
【2014/04/03 11:58】 URL | えずの軍団 #zI09.20A[編集]
↑top

コメントの投稿



※ 空白の一行を入れたいときは、二行分改行して下さい



管理者にのみ表示を許可する

↑top
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

hifmi

Author:hifmi
広島県在住
神奈川県出身

年齢:21
性別:男性

折紙と鳥人間(電装・翼)と物理学やってる大学生。

twitter

カテゴリ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。