脱・自転車操業なるか!?広島大学折紙サークルの活動報告と折紙日記、及び雑記(現在メンバー7.5人)。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

第20回折紙探偵団コンベンション報告

去る8月15日から3日間開催された東京コンベンションに参加してきたのでその報告。

CAM00028.jpg

【1日目】
14日に、当日朝の準備に来てくれとのダイレクトメッセージが届いたので、急遽当日準備に行くことになった。

新宿ダンジョンに翻弄された後、8:00にはうすに着。3年ぶりの白山。荷物をひたすら車に積む作業をした後、東洋大学へ群馬大学折紙研究会Origin代表のバシさんと一緒に移動。群大originの活動状況を教えてもらう。

東洋大では紙袋作りをやる。今年はスタッフが多いそうだが、例年より多く作らないといけないのでかなり時間がかかった。
作業終了後、東洋大、群大、東大、東工大の折紙サークルの人たちと雑談。人数や活動規模は異なるものの、活動に毎回来る人が部員数に対して少ないことはどこも似ているらしい。コンプレックス折紙ではなく、ボランティアなんかを重点に置いているサークルもあるようだ。最近集団創作がホットな話題みたいだけど、集団で折り紙をやること自体難しいってのは共通?

昼食はTwitter勢でココス。初対面の方ばかり。コミュ症発症であまり喋れず。

午後はエリック・ドメイン氏(MIT教授)とアレッサンドロ・ベバー氏の講演会。芸術的要素や数学的要素が強い。普段見れない、聞けない話だったので良かった。

講演が終わり、座布団小鳥をいじっていると遅れて仮Pさん登場。16:30会場締め切り予定だったから結構ギリギリでしたよ?
その後、、新世代・若手スタッフとイタリアンレストランで夕食。バシさんと同じ席(4人掛けなのにうちのテーブルだけ2人だったんよね)。折り紙に関係しない個人的な話ばっかりしていたようなw

食べ終わったら流れ解散に。私はこの日は宿に泊まらないので仮Pさんと駅を探しながら帰った。

【2日目】
朝8:00、準備のために少し早めに会場到着。展示場の設営を行った後、作品展示をする。えずの君の作品の横に強引に入れてもらった。参加者数が多いから展示作品も多めだったのかも。

受付番号が400番台だったので講習受付は最後の方だった。今年は申し込みのペースが速かった上に広島から参加申し込み書を郵送したから、はうすに着くのが遅かったのかもしれない。例年番号を確認しながらのFAX申し込みだったけど、来年からはもっと早く出さないとダメだな。

お昼に紙を買おうとしたが、35cm50枚ホイルがなかったのでカラピ、35普通紙、ビオトープだけ買った。何故かいつもの大判ホイルがなかったので後で買わないといけない。

CAM00030.jpg
講習受付時の全体会会場。なんと受付番号が500番超! 「国際」コンベンションというだけあってスライドが英語onlyだった。

1コマ目  楓さんの人物作品の創作と考察の講義

実は講義形式の講習を受けるのは初めて。いくつかあるYOCSの出張形式の講義の1つ。普段さまざまな折り紙関係者の話を直に聞くことが難しい地方民にとってはありがたい講座。

講義の内容は蛇腹人物と角度系人物の創作過程を比較するというもの。比較すると色々見えてくる。

2コマ目 ミキティさんの折活講義

またもや講義。ミキティさんが東海友の会で折り紙を広めるために何をしているか話す、というもの。
講義を聞いて気づいたんだが、折紙サークルが直面する、若い人が集まらない問題は東海友の会や他の団体にも共通するものであるようだ。
なかなか新しく折り紙を始めようとしてくれる人が折り紙に定着してくれない。何処も模索中という感じか。
大学サークルだったら若手をピンポイントに集められるから、やっぱり頑張んないといけないとか思ったり。

3,4コマ目 布施さんの五角箱バブル。
布施さんの講習は実は初めて。作品は紙をねじって作るタイプの5角形の箱。そして時間が余ったので、見立ての話。
布施さんはとても明るい方で楽しかった。
そういえば高校の後輩に布施さんのファンがいるみたいだけど、今回のコンベンションには来てくれたのだろうか。

懇親会参加者が多いということなので荷物制限がかかる。荷物を駅のコインロッカーに入れ、懇親会参加。Twitter勢のテーブルにつく。若者が多いので当然、寿司はスグに消える。以降うちのテーブルは食べ物を斬新な方法()で確保。
食べながらいろいろな人と駄弁る。

ビンゴでは掃除用具をもらう。で、その掃除用具でTwitter勢を拭き拭きして遊んでた(使い方が違う)。

懇親会後は宿に移動。予想以上に風情があってびっくり。東京にもまだあんな所が残っているのだなあ。

徹折りというわけではなかった。覚えている範囲で箇条書き

・レゴでイクラを作って遊ぶ
・キーウィ
・naoさんの創作についての話
・豊村さんは何者なのか
・朕は皇帝ぞ!!

3:00位に寝落ち。

【3日目】
8:00に会場入り。講習受付時間に監視員を行う。講習の組み方が良かったらしく、200番までは満員の講習が出ていなかった。

1コマ目 各務さんの福岡タワー

建物折り紙は珍しいので取ってみた。因みに僕は福岡タワーに行ったことも登ったこともない。最後の立体化が綺麗に出来る作品。

2コマ目 Oyeさんのフラッグストーンテッセレーション

仮Pさんと一緒の教室だった。正直この作品はめちゃくちゃ難しい。時間内に1セグメントも折りあがらず。んーあとでやってみよう。

3,4コマ目 Garibiさんのキューブテッセレーション。

またまたテッセレーション。普段は折らない作品が折れるのもコンベンションの醍醐味。

部分→接合部→全体 と三段階で折り方が説明された。この講習方法はなるほど、と思った。確かに分かりやすい。

5コマ目は講習なし。段ボール畳みの手伝い。

そして最後の全体会。吉野一生氏のサイン付き全身骨格図がオークションに出品されていた。超貴重とのこと。SHUNさんが落札。

コンテストはnhさんとえずの君が受賞。お二方、おめでとうございます。

CAM00055(1).jpg
受賞したえずの君の作品。ぶちかっこe

大会終了後、片付けのためにはうすに移動。片付けを少し早めに抜けさせてもらい、スタッフ勢の打ち上げではなく、Twitter勢の打ち上げ@ココスに参加。あんなさんによるパンダ講習が行われていた。
4つのテーブルを折紙人が占拠。他のお客さんには紙を弄ってなんかやっている怪しい集団にしか見えなかったはず。
Twitter勢が全員分からない…(15人くらいいた。え、Twitter勢ってそんなに多いん??)。また機会があったら挨拶したい。

21:00前に終了。2次会はなく、そのまま帰路に着いた。

皆さん本当にお疲れ様でした。初対面の方だけでも20名以上と話すことが出来ました。来年のコンベンションではもっと多くの方と話したいですね。

折サーネット参加組はまた来月。

今後ともよろしくお願いします。
スポンサーサイト
コンベンション | コメント(0) | 2014/08/18(Mon) 12:59:20

コメント

↑top

コメントの投稿



※ 空白の一行を入れたいときは、二行分改行して下さい



管理者にのみ表示を許可する

↑top
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

hifmi

Author:hifmi
広島県在住
神奈川県出身

年齢:21
性別:男性

折紙と鳥人間(電装・翼)と物理学やってる大学生。

twitter

カテゴリ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。