脱・自転車操業なるか!?広島大学折紙サークルの活動報告と折紙日記、及び雑記(現在メンバー7.5人)。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

2014.11大学祭報告2 2日目展示篇

学祭2日目

CAM00505.jpg

展示に関して前回の記事で書き忘れていたことがあったのでちょっと追加。

アンケートとの兼ね合いから、今回、展示コーナーの一角に折り紙と科学に関する新聞記事を置かせてもらった。見てくれる人は見てくれていた模様。2日目はついでに拙作「コアラ」にかんする創作メモも置いておいた。


ここからが本題。


11/2.雨が止み、天気は曇り。日曜日にはゲストのサスケが来るということで来客が期待できた。
朝10時に開場し、お昼に近づくほど人がどんどん増えていく。ちょうどゆかた祭りの時のような感じだ。大学の広報担当の方も来て、写真を撮ってくれた。こういう写真ってどこで使うんだろう。


13:00頃がちょうどピークだった気がする。質問もたくさん受け、お客さんといろいろ喋れたので良かった。質問の内容は「どうやって創作するんですか」とか「これ創作ですか」とか「どんな本見て折っているんですか」など製作過程に関する質問が大半。このような質問は折り紙者同士の会話ではあまり聞かないので、折り紙をあまり知らない方々がどのような点に疑問を持つのか理解するのに参考になった。


そして14:30から総科スタンプラリーがスタート。これは学祭実行委員のイベントの1つで、総科屋内(外?)に置かれたスタンプを回ってもらうというものだ。各団体はスタンプを押す条件を決めれる。折りサーは「アンケートを書く」という条件に設定。スタンプラリーをやっているのは主に子供(とその親)。子供にスタンプを押し、親にアンケートを渡すという行為を繰り返していた。そのおかげでなんとかアンケートを60枚以上配布できた。スタンプ目当ての客(仮P氏曰く「スタンパー」)は少なかったのでスタンプ置かなくてもいいような気もするが、スタンプ押すついでにアンケートを渡し易くなるというメリットはあった。


この日の折り紙好きの来場者は2名。一組はおりがみはうすに行ったことがあるという親子。もう一人はtwitterのボンドさん。広島、中国地方には例会もコンベンションもないけれど折り紙愛好者って意外といますね。


そんな感じで18:30に展示会終了。個人的感想、反省はまた別の記事で。


当サークルの展示会にいらしてくださった方々、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
折り紙イベント | コメント(0) | 2014/11/06(Thu) 20:51:56

コメント

↑top

コメントの投稿



※ 空白の一行を入れたいときは、二行分改行して下さい



管理者にのみ表示を許可する

↑top
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

hifmi

Author:hifmi
広島県在住
神奈川県出身

年齢:21
性別:男性

折紙と鳥人間(電装・翼)と物理学やってる大学生。

twitter

カテゴリ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。