脱・自転車操業なるか!?広島大学折紙サークルの活動報告と折紙日記、及び雑記(現在メンバー7.5人)。
  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | --/--/--(--) --:--:--

『ロバート・ラングが全く新しい時代の折り紙を折る』

先月、折サーで仮pさんと、活動見学にいらっしゃった院生の方が言っていたラングさんのスピーチを見つけた。
それがこちら。


有名なプレゼン大会であるTEDで折り紙の紹介がされる回。日本では今年の2月にEテレで放送されたみたい。
内容だが、わずか18分の間に、創作としての折り紙、応用としての折り紙、折紙の発展などの要素が凝縮されているのは流石。最後の「数学が絡むと、美しさを求める過程で解決した事が実世界での応用に役立つ」という言葉は、折紙に関わらず一見役に立ちそうにないことが役立つという教訓としても捉えられる。一見の価値あり。
折紙 | コメント(0) | 2015/11/13(Fri) 23:59:49

試作品:クマ(仮)

クマの試作の現状

クマの躍動感とか迫力を表現できないかなーと思い、川で鮭を取る熊を折っている。

試作1
クマ1
顔に余計な筋が入ってしまい、熊らしさが出ない。口と鮭の接合は後回し

試作2
クマ2
改良点は2つ
・頭部の折り方をシンプルにしたらクマっぽい顔になった
・幅変換で後ろ足の指を4→5本に変更。

接合と下半身に難あり

20151103_124119.jpg
横から見た画像。

試作3
no picture
しかし鮭の接合がかなり困難になったため、蛇腹ひだを増やすことに。これによって後ろ足の幅変換も不要になった。
一応鮭を折り出せるだけの角は確保したものの、顎が折り出せない。

試作4
現在構想中
顎の角を新たに出すことに。首が短くなるため、首の領域を確保。後ろ足の角をさらに後ろにずらし、展開図を正方形に保つために蛇腹の付加領域を調整。

表現以前に技術が足りないような。学祭までに完成させねば。


折紙 | コメント(0) | 2015/11/03(Tue) 15:54:03

夏休みの折り紙

夏休みの折活と今後の展望

・ユニット創作。Twitterで仮作品を発表したが、紙の厚さが大きな障壁となり、折り方を変える必要がある。

・クワガタを大幅に改良。これで2回目の改良となる。本折して後日発表。

・哺乳類を1つ創作。こちらは未発表。今紙を作ってるところ。重厚感が問題となる。

・11月頭に大学祭。今回のテーマ展示は「古生物」。会議関係を引き受けてくれたxp氏ありがとう。
Hp行進しなきゃな。仮pさんは研究室でかりだされて不参加な模様。

・なんか折サーが気になるという人がもう一人現れた。お?今年度末には引継ぎできるかな。

・広告代理店の電通からサークルへ依頼が舞い込む。協力できそうなので協力してみる。HPにメールフォームを作って以来、2,3か月1回メールが届くのでそれなりに効果があった模様。ただし、依頼が来ても人海戦術が取れないのが辛い。
折紙 | コメント(1) | 2015/09/23(Wed) 13:02:59

#21折紙探偵団コンベンション報告

創作ペースが下がり続けている私ですが、恒例の東京コンベンションに参加してまいりました。
(2016/3/26 記事を一つにまとめました)


【ICOAについて】

折紙好きの学生の団体である、国際大学折紙連盟(ICOA)が数ヶ月前に発足したのだが、その初の展示会が今コンベンションと同時開催された。学生主体の折り紙サークルネットワークとはまったく別で、JOASが母体の学生団体と言うイメージが私的には強い。参加メンバーも大部分が同じであるが若干の違いが見受けられる(そもそもICOAは海外の学生も対象だしね)。
サークルとしてICOAに登録も出来るのだが、今後のサークル活動でICOAに作品を出せるか不明なため、今回はサークル登録は行わなかった。そのため広大から2名が個人参加という変な状況に。

【1日目】

準備があるからICOA関係者は出来れば8:00来てほしいとは言われたが、実家から片道2時間かかるため、8:30に白山入り。
会場に着いたらICOAの準備。見慣れた顔もちらほら。
こはくがわさんの骨格作品が目を引く。慶應の織り紙パンダとふなっしーは中が空洞だったのか!
私はオカピ、カジキ、カモノハシ、クワガタの4種を展示し、完成版のカジキとカモノハシは寄贈することにした。



午後の講演は「昆虫の翅の折りたたみについて(斉藤一哉氏)」「ジャン・ディン氏の講演」「シュウキ・カトウ氏の講演」の3本立て。
斉藤氏の講演のなかで触れられたハネカクシという昆虫に関して、翌日懇親会でハネカクシの翅の展開図を配る人が現れたり、ほんしょいが一日でハネカクシを創作するなど反響があったようで。

講演会後は30名近くの大所帯で夕食会。クイ研勢がクイズを始めたり、箸袋でスイカバーを折るなど中々エキサイティング?な夕食会だった。あと、レオハルと小澤よ、外であの話はイカン。

今年は宿泊なしの実家通いなので2次会は参加せず、退散。


2日目

この日の一番の仕事は自身初の講習。作品はカモノハシ。講習受付の時に同時間帯の講習のいくつかに売り切れが出ていたので、自分の教室を取ってくれる人が果たしているのかどうかという不安があったけど、いざ教室にいってみると、教室がいっぱいになっていたので安心。しかし講習は
・難易度★3
・工程数が90近い折図を配布
・50分講習
・折図の説明がわかりにくい
という問題だらけの講習だったので、講習を受けてくださった方には申し訳ない。折図のミス・説明等についてはたまたま受講してくださった木村良寿さんに指摘してもらったので、後日改良したい。

講座の手伝いをしてくださった、仮pさん、群大の板橋さん、アドバイスをくださった隅谷さん、木村さん、ありがとうございました。


なお、講習で受けたのは、竹内さんのノクターン、稲吉さんの岩の上のオットセイ、木下さんのシマリス。
手元の紙よりも講習の方法に目が行っていた。次回講習するときの参考にさせてもらいます。


そんなこんなで懇親会へ。

よく覚えてないけど、いろいろな人と話した気がする。あ、そうだ。北斎さんに挨拶したんだっけ。
ビンゴはトップ賞が話題のドローン。きょっぴーがかなり最初の方にリーチするものの中々ビンゴせず、山口さんにいじられてた。


という感じで2日目終了。まだ体力はある。

【3日目】

9:00ちょい前に到着。教室受付の待ち時間にHKさんの息子さんの宿題を見る(見るだけ)。中学の数学の宿題なのだが、与式がどれも見覚えのある数式…って物理の公式じゃん!! ただの式変形だから中学生も問題なく解けるけど、先生の趣味がわかる宿題やな。

さて講習。といっても1時限は何も取らず、展示室へ。レオハルの闇鍋の中身が増えていた。keiさんのスマウグが目を引く。ドラゴンのデザインのマンネリ化が気になっていたけど、これは良いデザイン。

2時限 前川さんのデューラーの多面体に関する講義。折紙に関するネタ…というよりはデューラーの多面体の正確な形を把握する研究の報告。まとめ。「偶然の一致には気を付けましょう」。

3,4時限 勝田さんのシマリス。2枚複合作品。超ミニシマリスさんから巨大シマリスさんまで様々なサイズのシマリスさんが生成される。

5時限目のICOAの片づけ~全体会でコンベンション終わり。オークションってなんか目新しいものあったっけ??
sakuさんがおりがみはうす賞受賞。はうす賞が出るのjは数年ぶり。料理部門はりょうへいさんが受賞。作風でネタバレしてましたよw 干支部門は得票数の関係で受賞なし。恐らく投票率の低下に合わせて新要件を導入したんだろうけど、これだと凄い作品がたくさん出て票割れした場合も受賞なしになってしまう可能性がある。論理和的処理を行う複数条件を設ければなんとかなりそうではある。
能書きはともかく、お二方、受賞おめでとうございます。

閉会後は搬出の手伝いをした後、ココスに移動。かーきくんと初めて喋る。σさんの昆虫作品を見せてもらった。背部もそうだが、腹部の閉じなど気になるところが見れたのはうれしかった。

そんなこんなで22:00ごろに解散。お疲れ様でした。また来年。

折ネットの報告はもういいよね!!??
コンベンション | コメント(0) | 2015/09/02(Wed) 23:58:35

コンベンションまであとわずか!!

今週末がコンベンションだというのにまだ広島にいます(明日帰るよ!!)。

今年は講師に応募しました。何やら講師不足なようなので、多分抽選なしで講習やることになると思います。
「展開図複雑じゃないし60工程あればおわるだろ~ww」とか思って50分★3つ講習で応募したんだけど、実際は90工程近くまで膨れ上がってしまいました。トリッキーな折りが多いけど、折図講習だし沈め折りとか時間がかかる折りはないのでたぶん終わると思う(じゃないと困る)。

あと、ICOAの方で展示やります。コンベンションに参加しない方も展示が見れるので興味があったら是非どうぞ。

今年はやたら暑いので熱中症に注意じゃね(←)
折紙 | コメント(0) | 2015/08/09(Sun) 23:26:28
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

hifmi

Author:hifmi
広島県在住
神奈川県出身

年齢:21
性別:男性

折紙と鳥人間(電装・翼)と物理学やってる大学生。

twitter

カテゴリ

最新記事

FC2カウンター

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。